にしあぷ

札幌在住のプログラマ。会社でも家でもアプリ作ってます。

京都府加馬町の老舗和菓子店「マジまんじゅう」発売 SNSで話題=京都日報

京都日報 2018年4月1日更新

f:id:i24appnet:20180329224607j:plain:w400:left

 「マジ卍(まんじ)!」―。京都府加馬町の老舗和菓子店・草生堂が、「卍」の焼き印を押したまんじゅう「マジまんじゅう」を発売した。ネーミングにJK語(女子高校生の使う言葉)を使った和菓子が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題を集めている。

 「マジまんじゅう」は丸形のまんじゅうで、地元の農家で収穫されたよもぎが生地に練りこまれ、素朴な味わいに仕上がっている。パッケージは加馬町の風景を描いた水墨画で、同町の寿万寺で住職を務める梨田有頼さん(72)がデザインした。

 「卍」はヒンドゥー教や仏教で用いられる吉祥(きちじょう)の印で、寺院を表す地図記号でもある。今、SNS上で女子高校生を中心に若い世代の間で「マジ」を強調する言葉として使われている。加馬町内の高校に通う陣内かなえさん(17)がSNSで「マジまんじゅう」の写真を投稿したところ、「マジ卍(素晴らしい)」「めっちゃすこ(とても好き)」などの声が数多く寄せられたという。

 地元で水産加工業を営む桶屋丸夫さん(56)は、家族や友人への土産として「マジまんじゅう」をよく買い求めているという。「これをきっかけに加馬町が盛り上がればうれしい」と期待を寄せている。

 「マジまんじゅう」が話題になっていることについて、「JK語検定」を実施する実用女子高生語能力検定協会(間地満治理事長)は、「『マジまんじゅう』発売ってマ!?そマ!?てゆか秒で買うわ!!どちゃくそバイブス上がるー!!!マジ卍ーー!!!!!」とコメントしている。

(京都日報=社会部・矢場丹次郎)


※この記事はエイプリルフール企画です。
※「マジまんじゅう」のほかにも、地名や人名などにJK語ネタを隠しているので、ぜひ探してみてください!
※「京都迷宮案内」好きです。杉浦さんに「ちがーーーう!!」って言ってもらいたい。
※このウソをホントにしてくれるお菓子屋さんがありましたら、ご連絡お待ちしております!→http://24app.net/blog/contact


i24appnet.hateblo.jp

広告を非表示にする