にしあぷ

札幌在住のプログラマ。会社でも家でもアプリ作ってます。

『サルでもわかるGit入門』でGitのコマンドを覚えてみる

仕事でGitを使うそうなので、入門してみた。サルのイラストがかわいい。チュートリアルMac/Windows/コンソールと、環境別に用意されているのが嬉しい。コンソールを選んで、コマンドを覚えてみる。

初期設定 $ git config

$ git config --global user.name <ユーザ名>
$ git config --global user.email <メールアドレス>
$ git config --list
user.name=xxx
user.email=xxx@xxx.xxx
...

参考:git configで出来ること - nabnabの日記

新しいリポジトリを作成 $ git init

$ git init
$ ls -aF
./	../	.git/

ファイルをコミット $git add $ git commit

$ git add <ファイル名>
$ git commit -m "<コメント>"

リモートリポジトリを作成

Backlogではなくて、GitHubを使ってみた。

リモートリポジトリを登録 $ git remote add

$ git remote add <登録名> <リモートリポジトリのURL>
$ git remote add origin https://xxx

プッシュやプルは実行時にリモートリポジトリ名を省略すると、originという名前のリモートリポジトリを使用します。そのため、リモートリポジトリにはoriginという名前を付けるのが一般的です。
http://www.backlog.jp/git-guide/intro/intro4_2.html

リモートリポジトリにプッシュ $ git push

$ git push <リモートリポジトリ名> <ブランチ名>
$ git push -u origin master

実行オプションで-uを指定すると、次回以降はそのブランチ名の指定を省略できます。ただし、一番最初、空のリモートリポジトリにpushするときはリモートリポジトリ名やブランチ名を省略できません。
http://www.backlog.jp/git-guide/intro/intro4_2.html

リモートリポジトリをクローン $ git clone

$ git clone <リモートリポジトリのURL> <複製先のディレクトリ名>
$ git clone https://xxx xxx

クローンしたリポジトリからプッシュ

$ git push

クローンしたリポジトリでは、pushのパラメータのorigin masterは省略できます。
http://www.backlog.jp/git-guide/intro/intro4_4.html

リモートリポジトリからプル $ git pull

$ git pull <リモートリポジトリ名> <ブランチ名>
$ git pull origin master

ワークツリーとインデックスの状態を確認 $ git status

$ git status

リポジトリの変更履歴を確認 $ git log

$ git log

gitの設定ファイル .gitconfig

$ cd
$ more .gitconfig

入門git

入門git

入門Git

入門Git

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

アリスとボブのGit入門レッスン

アリスとボブのGit入門レッスン

広告を非表示にする